プレスリリース

【万座高原ホテル】4色の石庭露天風呂を堪能できる6月平日限定「露天風呂プラン」販売

2018年05月09日

万座高原ホテル(所在地:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉 支配人:塚本亨)は、露天風呂の日(6月26日)がある6月を露天風呂月間とし、2018年6月1日(金)より、名物の石庭露天風呂をゆっくりとご堪能いただける、6月平日限定の「露天風呂プラン」を販売いたします。
万座温泉は海抜1,800mに位置し、緑に囲まれた上信越高原国立公園内の中の温泉地です。源泉の硫黄泉は約80度の高温で、湧出量は1日に540万リットルに達します。硫黄成分の含有量は日本一と言われており、神経症、冷え症、疲労回復などに効果があると言われています。周辺は豊かな自然に恵まれており春は残雪、新緑、夏は避暑、秋は紅葉、そして冬はスキーと一年を通じて四季折々に楽しめます。
万座温泉の代名詞ともなっている白濁の源泉は姥湯(うばゆ)ですが、万座高原ホテルでは名物の「石庭露天風呂」において、姥湯(うばゆ・白濁 ph2.5)に、自社源泉である、竜泉の湯(りゅうせんのゆ・黄緑 ph2.3)、大苦湯(おおにがゆ・黄色 ph2.3~2.2)、嬬取の湯(つまとりのゆ・透明 ph1.6)の源泉をブレンドした色の違う4色の温泉をお楽しみいただいております。
四つの源泉の特徴として、姥湯、竜泉の湯、大苦湯は水に溶けやすい硫化水素がミネラル等の有効成分を体内に取り込みやすくし、嬬取の湯は硫化水素が少ない分、体内に取り込んだ有効成分を逃がしにくくする効果があると言われています。

万座高原ホテルにご宿泊のお客さまは、万座温泉地内にある万座プリンスホテルの温泉も無料でご利用いただけます。両ホテル間を運行しているシャトルバス(温泉シャトル)をご利用いただくと両ホテルの温泉を相互にお楽しみいただけます。

また、6月26日(火)は、露天風呂(6.26)の日限定で、日帰り入浴も1名さま¥500(通常¥1,500)でお楽しみいただけます。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
万座プリンスホテル   
TEL:0279-97-3111  FAX:0279-97-3119
http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/