プレスリリース

【品川プリンスホテル】深夜営業延長などナイトタイムエコノミー需要への対応を強化

2018年04月09日

品川プリンスホテル(所在地:東京都港区高輪4-10-30、総支配人:橋本哲充)は、羽田空港の国際化を背景とした訪日外国人旅行者の増加や品川の街の発展に伴い、“ナイトタイムエコノミー”への対応を強化いたします。
昨年12月、最上階39Fに創作西洋料理、グリル&ステーキ、DJブースを備えるBARなど9つのエリアをもつ新しいスタイルのエンターテインメントスポット「DINING & BAR TABLE 9 TOKYO」をオープンいたしました。ナイトタイム需要に対応すべく、3つのBAR エリアを深夜4:00A.M.まで営業を延長したところ、BARエリアの動員が対前年比約131%と訪日外国人旅行者を含めて大幅に増加いたしました。
そこで、エンターテインメント施設を備える当ホテルは、2018年4月27日(金)よりボウリングセンターの金曜日・休前日の深夜営業を開始、「和ビストロ いちょう坂」や24時間営業の「カフェレストラン24」では深夜メニューを強化することで、今後更なる増加が見込めるナイトタイムエコノミー需要への対応を強化してまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
株式会社プリンスホテル 高輪・品川マーケティング戦略
TEL: 03-3447-1133(直通)  FAX: 03-3473-1115