プレスリリース

【苗場スキー場】日本最長5,481mのドラゴンドラ新緑営業を実施

2018年03月29日

苗場スキー場(所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三国 支配人:夏目 卓弥)では、毎年紅葉シーズンに好評を頂いておりますドラゴンドラの運行を2018年春季の新緑シーズンにも実施いたします。

苗場スキー場とかぐらスキー場(田代エリア)を結ぶ日本最長 5,481mの「ドラゴンドラ」は、ゴンドラとしては日本一の長さを誇り、アップダウンを繰り返しながらおよそ 25分間の空中散歩をお楽しみいただけます。
途中には高低差によるスリル感を楽しめるスポットもあり、そこから眺める景色は圧巻で、冬はもちろんのこと、秋の紅葉シーズンにも新潟の新しい紅葉名所として多くの観光客の方々で賑ってきました。そして本年も残雪と新緑の木々に包まれた春季期間の運行を4月28日(土)より開始いたします。
ドラゴンドラ周辺に広がる5月の「ブナ林」は新緑がとても美しく、「ホウの木」や「トチの木」、そして「フジ」なども時期によっては花を咲かせ、生命力にあふれた山の息吹を感じていただけます。
また、ドラゴンドラ山麓駅付近には「ミズバショウ」や「カタクリ」の群生地があり、4月下旬頃よりその可憐な花を咲かせます。雪融けの爽やかな新緑シーズンにおすすめの観光スポットとしてご提案いたします。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
苗場プリンスホテル 広報
TEL:025-789-4115  FAX:025-789-2635
http://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/dragondola/spring/