プレスリリース

【びわ湖大津プリンスホテル】ロイヤルスイートの新設とハイグレードタイプの客室を拡大

2018年03月28日

びわ湖大津プリンスホテル(所在地:滋賀県大津市におの浜 4-7-7、総支配人:湯谷昌生)は、増加傾向にある訪日外国人旅行者、国内においてはアクティブシニアを含む三世代ファミリー、リゾートMICEの取り込みを強化するため 2016年12月より全客室(529室)、ロビー、ラウンジ、レストランのリニューアルを順次実施してまいりました。 2018年3月に客室27階~35階の改装を終えすべての改装が完了いたしました。

この度の改装でホテル上層階(33~35階)に位置する「EIZAN フロア」を2フロアから3フロアへと拡大し、34階にはロイヤルスイート1室を新設いたしました。長期滞在をゆっくりとお過ごしいただけるハイグレードタイプの客室とし、琵琶湖の眺望をお楽しみいただけるよう窓際にデイベッドの配置や滋賀の特産品である「高島扇骨」や「びわ湖真珠」を用いたアートを採用いたしました。

びわ湖大津プリンスホテルではリニューアルにより快適性と魅力を向上させ、今後も各自治体や周辺企業との連携を一層強化し、観光都市としての発展の一端を担ってまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
びわ湖大津プリンスホテル 事業戦略
TEL : 077-521-2933  FAX : 077-521-1114