プレスリリース

【万座プリンスホテル】本白根山の噴火警戒レベルが下がったことを受け宿泊プラン販売

2018年03月27日

万座プリンスホテル(所在地:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉 支配人:塚本亨)は、本白根山の噴火警戒レベルが3から2に引き下げられたことを受け、期間限定の宿泊プランを販売いたします。

今回のレベル引き下げに伴い、本白根山の鏡池付近の火口から約2キロとしていた立ち入り禁止の規制範囲も約1キロに縮小されました。例年では4月に開通する国道 292号線は4月21日(土)の開通に向け除雪作業も開始されました。
標高1,800メートルに位置する万座温泉は、国内屈指の硫黄含有量を含んだ濁り湯です。硫黄成分と自噴の湯量が豊富な万座温泉の露天風呂では、絶景の中でのご入浴をお楽しみいただけます。神経痛、筋肉痛、冷え症、関節痛、胃腸病などに効果があると言われております。開放感あふれる絶景露天風呂で、万座の自然を大パノラマで眺めながらお寛ぎいただけます。また、万座温泉地内では唯一の男女共用露天風呂からは、月の眺めと満天の星の輝きの下でのご入浴をお楽しみいただけます。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
万座プリンスホテル
TEL:0279-97-3111  FAX:0279-97-3119
http://www.princehotels.co.jp/manza/