プレスリリース

【プリンスホテル】中国河北省スキー場の開発・設計コンサルティング業務を受託

2018年03月19日

株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区東池袋3-1-5、代表取締役社長:赤坂 茂好 以下 プリンスホテル)の完全子会社である中国現地法人「吉林西武リゾートコンサルティング有限公司」(本店:吉林省吉林市、董事長:星野 司 以下 吉林西武)は、2018年1月、「万科(張家口)旅遊開発有限公司」(本店:河北省張家口市、以下 万科張家口)との間で契約を締結し、河北省張家口市において万科張家口が進めている「崇礼汗海梁スキー場プロジェクト(仮称) 以下 本プロジェクト」に関し、スキー場の開発・設計コンサルティング業務を受託いたしました。

中国では「3億人を氷雪の上に」という国家スローガンによりスキーヤーが着実に増加、2017年のスキー人口は1,750万人に達し、2022年には4,000万人を見込んでいます(出典:中国スキー産業白書[2017年度リポート])。
また、2019年末には北京と張家口間を60分で結ぶ高速鉄道も計画され、更なるアクセスの向上が見込まれます。

本プロジェクトは、2019年12月頃に、スキー場の第1期開業を予定しております。今後、スキー場、別荘、テーマパーク、マウンテンスポーツ学校などを併設するもので、夏季は避暑地、冬季はスキーリゾートとして通年で楽しめる北京郊外の一大リゾートとする計画です。吉林西武は、本プロジェクトのスキー場やスキー場附帯施設に関し、設計・開発のコンサルティングを行ってまいります。

これまで吉林西武は、中国吉林省において松花湖プリンスホテル、松花湖スキー場に関する開発コンサルティングを行ってまいりました。松花湖リゾートはWORLD SKI AWARDSのChina's Best Ski Resort 2017を受賞するなど人気のリゾートとして評価されています。プリンスホテルは、国内外のスキー場やホテル運営で培ってきた経験、ノウハウを最大限に活かし、本プロジェクトの成功に貢献していくとともに、地域社会の発展に寄与してまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
株式会社プリンスホテル 広報部
TEL:03-5928-1154  FAX:03-5928-1514
http://www.princehotels.co.jp/