プレスリリース

【函館大沼プリンスホテル】「コアップガラナ」を使用したホテルオリジナルカクテルを販売

2018年03月15日

函館大沼プリンスホテル(所在地:北海道亀田郡七飯町西大沼温泉 支配人:春山 新悟)は、株式会社小原(所在地:北海道亀田郡七飯町字中島29-2 代表取締役社長: 小原 光一)が販売するガラナ飲料「コアップガラナ」とプリンスホテルセレクションオリジナルウイスキー「プリンススカッチ」をあわせたホテルオリジナルカクテル「ななえスカーレットハイボール」を販売いたします。

七飯町に咲き誇る花「サルビア」や、大沼国定公園の美しい夕景をイメージした色鮮やかな赤色のこのカクテルは、2017年キリン・ディアジオ ワールドクラスジャパンファイナル総合2位をはじめ、さまざまなカクテルコンペティションでの受賞歴を有する札幌プリンスホテル バーテンダー門間 輝典(もんま てるのり)が考案しました。
「コアップガラナ」は道南横津岳の天然水を使用し、北海道産じゃがいもを主原料とした飲料で、北海道限定販売している道民に愛されるソウルドリンクです。「プリンススカッチ」はウイスキーの聖地スコットランドより選び抜かれた、深い味わいのプリンスホテル限定でブレンドされた、オリジナルウイスキーです。
「ななえスカーレットハイボール」は、アルコール度数を約5.0%に抑え、甘味があり、色合いも綺麗ですので女性やカクテル初心者の方にも飲みやすく、コアップガラナとプリンススカッチのさわやかな薫りが、大沼国定公園の森を渡る風の香りを感じさせてくれます。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
函館大沼プリンスホテル
TEL:0138-67-1115(直通)  FAX:0138-67-3660
http://www.princehotels.co.jp/hakodate/