プレスリリース

【軽井沢プリンスホテル ウエスト】冬の味覚を堪能できる「北陸ブッフェ」を開催

2018年01月17日

軽井沢プリンスホテル ウエスト(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢、総支配人:泉水誠之)は、北陸新幹線開業3周年を前に、北陸3県(福井・石川・富山)が面する冬の日本海沖で捕れた旬の魚介を中心に、伝統的な加賀野菜や能登豚を使用した料理など、北陸の冬の味覚をご堪能いただける「北陸ブッフェ」を 2018年2月10日(土)、11日(日・祝)の2日間で開催いたします。

ブッフェでは軽井沢プリンスホテルのシェフが腕を振るい、北陸食材を和・洋・中のさまざまな調理法でご提供いたします。能登のおいしい天然の水で育ち、もちもちとした肉質と甘みが特徴の「能登豚」を使用した「紅茶の香る能登豚ロースの低温調理」をはじめ、加賀野菜「金沢春菊」の坦々麺やシェフが目の前で作る「北陸産ブリ・紅ズワイ蟹・金沢春菊のしゃぶしゃぶ」、「白えびのかき揚げ丼」のほか、郷土料理「鴨の冶部煮」やご当地グルメとして人気を博す「福井生まれのボルガライス」などもご堪能いただけます。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
軽井沢プリンスホテル マーケティング戦略
TEL:0267-42-8115  FAX:0267-42-8118
http://www.princehotels.co.jp/karuizawa-west/