プレスリリース

【軽井沢プリンスホテル ウエスト】「長野県知事賞 受賞記念ランチ」を販売

2017年12月04日

軽井沢プリンスホテル ウエスト(所在地:長野県北佐久郡軽井沢町、総支配人:泉水誠之)は「中国料理 桃李」清水輝由が、2017年11月8日(水)開催の一般社団法人長野県調理師会北信支部主催「第56回 一般社団法人 長野県調理師会料理コンクール佐久平大会」において、中国料理部門にエントリーした参加者の中でただひとり選出される長野県知事賞を受賞いたしました。軽井沢プリンスホテルでは、昨年の「中国料理 桃李」塚原圭吾の受賞に続き、今回で2年連続の受賞となりました。

本コンクールは信州の豊かな食文化を生かした調理師の技術向上、県民の健康増進と豊かな食生活の推進、食文化の継承及び郷土料理の普及による観光産業、地域活性化を目的としています。
信州の特産物、伝統野菜を使用したメニュー課題で、清水は記念日や、特別な日に提供するお祝い料理を想定し、信州食材のひとつ、佐久鯉を使用した「美昇鯉龍拼盤(訳:信州の空に舞う鯉の飾り前菜)」を出品いたしました。得意の包丁細工により信州の美しい風景を表現しました。清水は「信州食材を生かし、伝統ある中国料理の技法で皆さまに喜んでいただける料理をこれからも作り続けていきたい」と今後の意気込みをコメントしております。「中国料理 桃李」では、2017年12月15日(金)より受賞作品の技法を生かした前菜を楽しめる受賞記念ランチを販売いたします。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
軽井沢プリンスホテル マーケティング戦略
TEL:0267-42-8115  FAX:0267-42-8118
http://www.princehotels.co.jp/karuizawa-west/