プレスリリース

【志賀高原プリンスホテル】ホテルの朝食、夕食に「長寿県・長野」の食を提供

2017年11月15日

志賀高原プリンスホテル(所在地:長野県山ノ内町志賀高原焼額山 支配人:高橋均)は、2017年12月16日(土)より南館、12月22日(金)より東館、西館の営業を順次開始いたします。

今シーズンより志賀高原プリンスホテルでは「長寿県・長野」をテーマに信州の食材をふんだんに取り入れた朝食、夕食を提供いたします。信州・長野県は全国一位の長寿県となり、野菜の摂取量が男女とも長野県がトップとなっております(平成28 年・厚生労働省発表)。一年の四季がはっきりとした信州は自然風土と地元の産物として、野菜、果物、きのこ類、味噌、麹、漬物など豊富な発酵食品と野菜の摂取が長寿の秘訣とされています。

今シーズンの志賀高原プリンスホテルの朝食・夕食には信州食材を中心に3 館ごとの特色を持った料理をご用意し、各館を回遊することができ、長期滞在でも食の楽しみが尽きないメニューを提供いたします。朝食は「信州のおいしい朝ごはん」を各館で提供いたします。長寿の秘訣とされている発酵食品や信州の郷土料理をご用意し、各館ごとに異なるパフォーマンス料理や手作りにこだわった朝食をお召しあがりいただきます。また夕食は、各館ごとに信州食材を中心とした洋食フルコース料理から、近隣の特産物と信州食材との組み合わせによる食の魅力とシェフの技を、滞在されているお客さまに堪能していただきます。長期滞在でも食べる楽しみが尽きない食の演出と信州の食材で健康なからだ作りをサポートしてまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
志賀高原プリンスホテル 営業企画
TEL:0269-34-3114  FAX:0269-34-3123
http://www.princehotels.co.jp/shiga/