プレスリリース

【びわ湖大津プリンスホテル】かるたの聖地「近江神宮」で十二単体験付き宿泊プラン販売

2017年11月13日

びわ湖大津プリンスホテル(所在地:滋賀県大津市におの浜 4-7-7、総支配人:湯谷昌生)は、かるたの聖地「近江神宮」で十二単の体験をしていただく宿泊プラン「近江神宮でかるた札のお姫さまに!十二単体験プラン」を2018年3月31日(土)まで販売しております。

旅のスタイルが多様化する中、そこでしかできない体験やフォトジェニックな写真を求め地方へと足を延ばす傾向は高まっており、国内外からの琵琶湖・大津への観光需要はますます高まることが見込まれます。かるたの聖地として人気が高まる「近江神宮」で八重畳の上で金屏風・几帳の前で模擬十二単をお召しいただき、かるたの世界に浸っていただけるプランをご提案いたします。フォトジェニックな十二単体験により、日本人女性はもとより訪日外国人旅行者にも雅な日本文化を体験していただけます。

びわ湖大津プリンスホテルでは全客室、レストラン、ロビーを 2016年12月より順次、改装を実施しており、プランはリニューアルした客室のレイクフロアツインまたはスカイフロアツインよりお選びいただけます。
今後も琵琶湖の豊富な観光資源をアピールしながら、更なる地域連携を図ることで誘客を強化してまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
びわ湖大津プリンスホテル 事業戦略
TEL:077-521-2933(直通)  FAX:077-521-1114
http://www.princehotels.co.jp/otsu/