プレスリリース

【札幌プリンスホテル】ボージョレ・ヌーヴォー解禁 ソムリエによるヌーヴォーピラミッド実施

2017年11月02日

札幌プリンスホテル(所在地:札幌市中央区南2条西11丁目、総支配人:杉田直也)の1階ブッフェレストラン ハプナでは、11月16日(木)のボージョレ・ヌーヴォーの解禁にあわせて、ボージョレ・ヌーヴォーとスパークリングワインを使用したソムリエによるヌーヴォーピラミッドのパフォーマンスとタイムサービスを実施いたします。

ボージョレ・ヌーヴォーとは、その年に収穫したブドウで作られる赤ワインの新酒です。一般社団法人日本ソムリエ協会専務理事でもある当ホテル料飲部門支配人上野文一によると、今年は酸度のバランスもよく最高と称された2015年を彷彿させるとのこと。
ブッフェレストラン ハプナでは北海道産牛のローストビーフ、3種チーズのシーフードドリア、あぶら蟹と帆立貝のグリルなどボージョレ・ヌーヴォーと相性のよい料理のほか、タイムサービスでゴーダチーズのラクレットやピンチョスをご用意いたします。
また、28階個室「ハマナス」では夜景とともにボージョレ・ヌーヴォーをお楽しみいただけるイベント「Beaujolais Nouveau 2017を楽しむ夕べ」を開催します。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
札幌プリンスホテル 営業企画
TEL:011-241-1114  FAX:011-271-6647
http://www.princehotels.co.jp/sapporo/