プレスリリース

【新横浜プリンスホテル】長崎の魅力を感じられるレストランフェアおよびイベントを開催

2017年09月12日

新横浜プリンスホテル(所在地:横浜市港北区新横浜3-4、総支配人:竹口 豊)では、2017年9月16日(土)から11月30日(木)までブッフェダイニング ケッヘルにて「食べてみんね!長崎フェア」を開催いたします。

長崎港は、江戸時代に横浜港とともに開港し、現在も横浜市は長崎市などと日本開港五都市観光協議会を結成しています。毎年、横浜で開催される「横浜開港記念みなと祭 ザよこはまパレード」には、長崎市の親善大使「ロマン長崎」が参加し、長崎で開催される「長崎帆船まつり」にも、横浜観光親善大使が参加するなど、相互交流による強い結びつきがあります。横浜市を通じて「開港の街 長崎」をお楽しみいただきたいとの思いから、本年もフェア開催となりました。フェア開催にあたり、調理担当者、仕入担当者が現地に赴き、長崎県の食材やお酒を吟味してメニューを作成いたしました。

シェフがお客さまの目の前で仕上げる「ライブキッチンコーナー」では、長崎県の「あごだし」と「ふしめん」をパルミジャーノチーズで仕上げるメニューや、長崎県の「かまぼこ」をピンチョススタイルでお召し上がりいただくなど、ブッフェダイニング ケッヘルのシェフが長崎県の食材に一工夫を加えたブッフェメニューが揃いました。

イベントでは異国情緒あふれる長崎県の魅力をお客さまに体験いただくワークショップ「ステンドグラスオーナメント作り体験教室」をフェア期間中に開催いたします。

食材やお酒とともに、長崎県と連携し伝統工芸品の展示や長崎県にちなんだ装飾を店内に施し、長崎県の魅力を総合的に発信いたします。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
新横浜プリンスホテル 事業戦略/広報担当
TEL:045-471-1113  FAX:045-471-1189
http://www.princehotels.co.jp/shinyokohama/