プレスリリース

【グランドプリンスホテル広島】「Hiroshima Discovery」をテーマにした新商品を発表

2017年08月09日

空と海に囲まれたアーバンリゾート「グランドプリンスホテル広島」(所在地:広島県広島市南区元宇品町23-1、総支配人:中野忠昭)は、9月に開業10周年を迎える「スパ・ウエルネスゾーン」の記念企画を実施いたします。

10周年企画のテーマを「Hiroshima Discovery~広島の魅力発見~」とし、瀬戸内海に隣接し自然美あふれる当ホテルならではロケーションと、広島の魅力的な素材・地域がコラボレーションする取り組みを行います。観光地広島の魅力を探求・深掘りすることで、グランドプリンスホテル広島から始まる広島の新たな旅をご提案し、滞在価値の向上を目指してまいります。

瀬戸内海の自然美に加わる新たな要素として、「日本で一番月が美しく見える」と称される広島県三次市の奥田元宋・小由女美術館で大規模な作品展を開催する写真家の遠藤湖舟氏に「朝も昼も夜も、実に月が美しく見えるホテル」と称賛されたことを受け、「月」をコンセプトにした商品を販売いたします。「月光」が海に反射して道のように見える幻想的な風景「月の道(ムーンロード)」や、昼の瀬戸内の空に浮かぶ幻想的な「白い月」と瀬戸内海のブルーのコントラストをのんびり楽しむ時間を商品とともにご提案いたします。また、広島の魅力的な素材として生産量日本一を誇る広島県産の「レモン」を取り入れたスパトリートメントのご利用と、レストランメニューをお召しあがりいただけます。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
グランドプリンスホテル広島 事業戦略(マーケティング戦略)
TEL:082-505-0660  FAX:082-505-0653
http://www.princehotels.co.jp/hiroshima/