プレスリリース

【品川プリンスホテル】自律走行型デリバリーロボットを導入

2017年07月26日

株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区東池袋3‐1‐5、代表取締役社長:赤坂茂好)運営の品川プリンスホテル(所在地:東京都港区高輪4-10-30、総支配人:橋本哲充)では、2017年10月上旬より客室に荷物を届けるデリバリーロボット「Relay」を導入いたします。

当社ではお客さまの利便性・快適性の向上や業務の効率化を追求するため2019年度を目途に開始する新ブランド「Prince Smart Inn」などでICT・AI を活用したホテル運営を行っていきます。今回、まずはビジネス特化型の品川プリンスホテル N タワーにデリバリーロボットを導入し、運用ノウハウの蓄積を図り、今後のホテル内デリバリーの利便性向上や運用の効率化へ向けた第一歩としていきます。

今回導入する「Relay」はシリコンバレーに拠点を置くロボットベンチャー Savioke, Inc.が開発・製造した自律走行型デリバリーロボットで、障害物を回避しながら自動走行し、エレベーターにも自動搭乗し客室のドア前まで到達することが可能な機能を備えています。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
株式会社プリンスホテル 高輪・品川マーケティング戦略
TEL: 03-3447-1133(直通)  FAX: 03-3473-1115