プレスリリース

【グランドプリンスホテル京都】ロビーラウンジを改装、ロイヤルラウンジを新設

2017年07月25日

【グランドプリンスホテル京都】客室・メインダイニング・ロビーラウンジを改装、ロイヤルラウンジを新設

グランドプリンスホテル京都(所在地:京都府京都市左京区宝ヶ池、総支配人:広瀬康則)は、2017年1月より順次改装を進めており、7月25日(火)にロイヤルラウンジとロビーラウンジ、2階、3階の全客室を、7月28日(金)にメインダイニングをリニューアルオープンいたします。

これまで「ポンドカフェ」として営業していた1階のスペースを分割し2つのラウンジを設置いたしました。1つはロイヤルフロア(8階)にご宿泊のお客さま、およびSEIBU PRINCE CLUB プラチナステータスのお客さまがご利用いただける専用のラウンジ「ロイヤルラウンジ」、もう1つは、一般のお客さまにもご利用いただける「ロビーラウンジ 水の音(みずのね)」となります。また、ホテル開業当初より30年間、ご宿泊のお客さまや地域のお客さまにご愛顧いただいた「レストラン ボーセジュール」は、フランス料理をベースにした京モダンキュイジーヌを提供する「メインダイニング いと桜」として生まれ変わります。

今回の改装を通じて、客室のフロアカテゴリーを明確化するとともに、レストランやラウンジなど付帯施設の機能を強化することで、国内外のラグジュアリー層からMICE 需要まで幅広い対応を可能にし、今後観光需要の高まりが期待される“洛北”に位置するホテルとして、また、国際的なMICE 需要の受皿となるホテルとしての役割を担ってまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
グランドプリンスホテル京都 事業戦略
TEL : 075-712-1150 FAX : 075-712-4848