プレスリリース

【苗場プリンスホテル】人工造雪機を使った雪づくり見学宿泊プランを販売

2017年06月16日

苗場プリンスホテル(所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 支配人:竹鼻 宏治)は、旅行需要の高まる夏休みシーズンに人工造雪機を使った雪づくり見学宿泊プラン「自由研究にオススメ☆親子で“夏”の雪づくり見学」を2017年7月15日(土)から8月26日(土)まで販売いたします。

本プランでは、苗場スキー場のオープン時に実際に使用している人工造雪機(アイスクラッシャーシステム)を見学し、夏でも雪に触れ合うことができ、雪づくりを体験することができます。見学内容はおよそ1時間程度の行程で、館内で資料を見ながら雪づくりについて学び、その後、稼働している人工造雪機を見学し実際に作られた雪に触れることができる内容となっております。
雪を人工的に作るマシンは、人工造雪機とスノーマシンの2種類あり、外気温に合わせて使い分けます。今回見学する人工造雪機は、薄い氷を細かく砕き、みぞれ状の雪を人工的に造る装置です。細かい氷状の雪のため、冬の寒い日にしか使えないスノーマシンと異なり、暖かい日でも使用できるのが特徴です。
苗場プリンスホテルでは夏季シーズン中、ゲレンデ内に約30 種類の体験&アトラクション施設をご用意し、自然の中での昆虫採集や自然体験などを満喫することができます。また、プリンス第2 ゴンドラ山頂には冬期シーズンに溜めた天然雪をご用意しており、ソリ遊びや雪山体験などを楽しむことができます。
夏休み期間中は、お子さまやお孫さまの体験・自由研究の需要も高まる中で、標高900mの自然に包まれた高原にて都会では体験できない自由研究におすすめのプランを拡充してまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
苗場プリンスホテル 広報
TEL:025-789-4115  FAX:025-789-2635
http://www.princehotels.co.jp/naeba/