プレスリリース

【新横浜】広島・瀬戸内の魅力を感じられるレストランフェアおよびイベントを開催

2017年05月16日

新横浜プリンスホテル(所在地:横浜市港北区新横浜3-4、総支配人:竹口 豊)では、2017年5月16日(火)から7月15日(土)にブッフェダイニング ケッヘルと日本料理 羽衣の2店舗で「広島・瀬戸内フェア」を開催いたします。

広島県は新横浜から新幹線で訪れることができ、近年国際会議が開催されるほか、観光地としても注目が高まっています。広島県をはじめとする瀬戸内海・中国山地の、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた土地で育まれた、旬を迎える食材を使用したメニューの数々や伝統工芸を体験できるイベントを実施し、このたび新横浜プリンスホテルでは“広島・瀬戸内”の食と文化の魅力身近に感じていただきたく「広島・瀬戸内フェア」を実施いたします。

ブッフェダイニング ケッヘル(2F)では、「広島県産和牛と白インゲン豆の煮込み」をはじめ「瀬戸内産ナスのだしマリネ」「瀬戸内産鯛の塩レモン蒸し」など、広島・瀬戸内の味覚を盛り込んだディナーブッフェをお楽しみいただけるほか、日本料理 羽衣(40F)では「広島もみじ豚」や「太刀魚」など旬の味覚をあしらった特別会席「しおかぜ」をご用意いたしました。

イベントでは、広島県安芸郡熊野町の伝統工芸品でもある「熊野筆」の化粧筆作りを、ブッフェダイニング ケッヘル(2F)のランチブッフェ付きで体験いただける「熊野化粧筆作り体験教室」を開催いたします。

食材・料理だけではなく、伝統工芸品や観光地ならではの装飾を用い、地域の魅力を総合的に発信いたします。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
新横浜プリンスホテル 事業戦略/広報担当
TEL:045-471-1113  FAX:045-471-1189
http://www.princehotels.co.jp/shinyokohama/