プレスリリース

【三養荘】三養荘「本館」を国の登録有形文化財に答申

2017年03月13日

株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区東池袋3-1-5、代表取締役社長:赤坂茂好)が運営する、伊豆長岡温泉 三養荘(所在地:静岡県伊豆の国市ままの上270、支配人:笹尾雅洋)の「本館」が、2017年3月10日(金)に文部科学省文化審議会で文化財登録原簿への登録に向けた答申が行われ、文化庁に議決されますと2017年7月ごろ正式決定される見込みとなります。

三養荘は、旧三菱財閥三代目社長岩崎久彌別邸として1929年に竣工し、1936年頃に敷地拡張、増築工事を経て戦後西武グループの所有となり1947 年に15 室の旅館「三養荘」として営業開始いたしました。登録有形文化財の登録として三養荘「本館」の1)玄関・茶室棟、2)客間棟、3)中央棟、4)居間・書斎棟、5)御幸の間、6)待合、7)露地門が答申されます。
旧岩崎家別邸から別荘として造営後88年間、旅館として70年間にわたって恒常的に利用されながら、繊細な数寄屋建築を維持・管理し、現在も旅館として営業しております。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
伊豆長岡温泉 三養荘 営業
TEL:055-947-1111(直通)  FAX:055-947-0610