プレスリリース

【志賀高原プリンスホテル】フランス・トロアバレーの郷土料理「サヴォア料理」を販売

2017年02月22日

志賀高原プリンスホテル(所在地:長野県山ノ内町志賀高原焼額山 支配人:高橋均)は、2016-2017スキーシーズンより東館バー「ソルトレイク」にてフランス・サヴォア地方に伝わる郷土料理を販売しております。

志賀高原は2015年にフランスの南東部サヴォア地方に位置する世界最大級のスノーリゾート・トロアバレーと姉妹提携しております。トロアバレーに滞在されるお客さまは、ゆったりと過ごすのがスタイルで、昼食からサヴォア料理とワインを楽しみながら優雅に過ごされることから、シニア層や長期滞在のお客さまが多い志賀高原プリンスホテル東館では姉妹提携をきっかけに、トロアバレーの郷土料理であるサヴォア料理の販売を行います。東館のラグジュアリーでゆったりとした空間で、フランス・トロアバレーの身も心も温まるお料理と雰囲気をお楽しみいただけます。

サヴォア料理とは、フランス・サヴォア地方の郷土料理で、チーズや、ハム、ソーセージを使用するのが特徴です。
代表的なメニューとしてラクレット、チーズフォンデュ、タルティフレットなどがあり、志賀高原プリンスホテルでは、信州食材を生かしたラクレット、チーズフォンデュ、タルティフレットをご用意し、フランス産ワインとともに、フランス・トロアバレーの雰囲気を演出いたします。


◎本件に関する報道各位からのお問合せ先は
志賀高原プリンスホテル 営業企画
TEL:0269-34-3114  FAX:0269-34-3123
http://www.princehotels.co.jp/shiga