プレスリリース

【新横浜プリンスホテル】「加賀・金沢・能登」を感じられるレストランフェア開催

2017年01月12日

新横浜プリンスホテル(所在地:横浜市港北区新横浜3-4、総支配人:竹口 豊)では、加賀・金沢・能登の魅力を感じられる、石川県の食材を使った料理や郷土料理をアレンジして提供するレストランフェアおよび伝統を体験できるイベントを2017年1月16日(月)から3月15日(水)まで開催いたします。

2015 年3 月に北陸新幹線が長野から金沢まで延伸し、東京から金沢まで最短で2時間28分とアクセスも良好になりました。延伸から2年を迎え、引き続き注目を集める加賀・金沢・能登の食や文化を身近に感じていただきたく、昨年に引き続き「加賀・金沢・能登フェア」を実施いたします。
日本料理 羽衣(40F)では、赤むつの別名で知られる「のどぐろ」の網焼きや郷土料理「治部煮」など加賀・金沢・能登の味覚を石川県を代表する伝統の器とともにお楽しみいただける特別会席「かがやき」をご用意いたします。その他にもディナー会席「はくたか」やランチ会席「白山」(平日限定)をご用意いたします。
ブッフェダイニング ケッヘル(2F)では、肉厚で大きな石川県産原木椎茸「のと115」を使った「能登豚とフォアグラの鉄板焼き 原木生椎茸のと115とともに」や「能登牛と野菜の加賀味噌煮込」、などブッフェ形式で石川の味覚をお楽しみいただけます。

イベントでは、「いしかわの味覚を楽しむ会」と題した特別賞味会を開催するほか、寿司カウンターで北陸の地魚を中心に握りの技をご体感いただける「北陸の地魚を楽しむ会」を開催いたします。
また、2月26日(日)には金沢より和菓子職人をお招きして和菓子作り体験教室を開催し、「食」を中心に石川県の魅力を発信してまいります。


◎本件に関する報道各位からのお問合せは
新横浜プリンスホテル 事業戦略/広報担当
TEL:045-471-1113  FAX:045-471-1189
http://www.princehotels.co.jp/shinyokohama/